take it easy!

現役教師でカウンセラー志望の男がゆる〜く語ってます

スマホショップのマネージャーてぃっしゅさん再び登場!

今回のポッドキャストにはスマホに精通されているてぃっしゅさんに来ていただきました。

f:id:free_planet:20210111221435j:image

収録時間を当初1時間と予定していたのですが、話が盛り上がって3時間弱となりました。

なので、前後半に分けました。

 

【前半】

・オススメのスマホアプリについて

・オススメのAndroid機種について

 

https://open.spotify.com/episode/3Z0i1BfaXFokMsbey8eTZ4?si=n0YKWCj_RZqwxQUkPMZ_7Q

 

【後半】

・ahamoって何?

・今年の3月に楽天の1年無料サービスが終了する

➡️そのタイミングでdocomo,Softbankが2,980円の新サービスを出す

➡️大手キャリアの逆襲についててぃしゅさんが解説(ちな、auは出遅れたそうです💦

 

https://open.spotify.com/episode/3Z0i1BfaXFokMsbey8eTZ4?si=n0YKWCj_RZqwxQUkPMZ_7Q

ポッドキャスト #16 ポッドキャストのこれまでの振り返り

f:id:free_planet:20201227221450j:image

 

今年最後のポッドキャストを録りました。

9月から始めて今回で16回目。

ポッドキャストを始めてみてどうだったか

ポッドキャストをこれから始める人に向けてのアドバイス

など先輩風をピューピュー吹かせてみました。

 

四次元マンション #16 Podcast振り返り/来年やりたいこと|四次元マンション #note https://note.com/4d_department/n/nedaf76928fb6

身につけてしまった安いプライドを捨てるためにやったこと

 

以前あげた記事ですが、うまく画像が表示されていなかったので、改めてアップします。

 

 

「カッコつけるな!!」

 

上司や先生から何度も言われた言葉だった。

カッコつけている自覚はないから言われても意味がわからなかった。

しかし、その言葉を言わなくても周りの人間はそのように僕を見ていたと思う。

高すぎるプライドは僕の人生をハードモードにしていた。

 

今では少しは角が取れたので、自戒の念を込めて今までプライドが高かった自分がどうやってプライドを捨てることができたかを記したいと思う。

 

 

大学生まで

「何でもできる」という万能感を持っていた。

 

何にもできないくせに。

 

自分のプライドが高いなという自覚はあった。

 

でも、大学生まではあまり問題視していなかった。

 

そのせいで自分から離れていった人たちは何人もいたと思うが、あくまで「自分には問題はない」と思っていた。

 

でも、就活という壁にぶち当たった。

 

 1年間の就活

 

全然内定が取れなかった。

 

藁をもすがる気持ちで就活塾へ入会した。

 

そこで模擬面接をやった際に言われたのはあの言葉。

 

「かっこつけるな」

 

そのように怒られてムッとした。

 

しかし、考えてみるとエピソードを盛ったり、得意げに話していた。

 

だからといって、素の自分で挑もうと思ってもできなかった。

 

自分に自信がなかったから。

 

ずっと病気にならなかった自分が本当の自分という意識を持っていて、自分が今の自分に魅力を誰よりも感じていなかった。

 

 

自分の問題にようやく気づいた。

 

ここから安いプライドを捨てる努力が始まる。

 

まず、就活面接のロープレをやった。

 

面接のロープレが大嫌いだった。

 

しかも、相手はその就活塾で先に内定を取った同級生。

 

でも、やらないと内定が取れないから、嫌々やった。

 

次に、エントリーシートと面接で嘘のアピールをやめた。

 

自分には魅力を感じていなかったが、かっこつけるよりはマシだと気づいて、面接で嘘をつくのを減らしていった。

 

すると、ロープレの成果も出て、面接が進むようになった。

 

素の自分に少し自信を持てた。

 

それで1年費やしたが、内定をもらった。

 

でも、まだプライドは残っていた。

 

 太くて短い社会人の1年半

その就活塾の社会人バージョンのスクールに入会して、初めての社員さんとの面談で、頑張ってセットした髪型をバカにされた。

 

「ボウズにすれば?w」

 

ウジウジしていた私に、就活塾の時にめちゃくちゃ厳しかった仲間がボウズにすることを勧めた。

 

そして、2013年2月11日、雪が残る冬の日に1ミリのボウズにした。

 

清水の舞台から飛び降りる思いだった。

f:id:free_planet:20200706203731j:image

(※犯罪者ではなく私の写真です。プライバシー保護のため目を隠しています。)

 

それほどまでに自分を変えたいと思っていた。

 

スクールに行ったらみんな爆笑で、美味しい思いをさせてもらった。

 

ただ、めっちゃ寒かった。

 

服着てるのに裸で歩いているような寒さだった。

 

 

 その2か月後に入社。

 

しかし、入社しても上司に言われたあの一言。

 

「かっこつけるな」

 

その後、

 

・上司との飲み会に毎回出る

・飲み屋で隣の席のお客さんにマジックを見せる

・営業部のお菓子配給係になる

・上司とクラブへ行く

・大食いというキャラを開拓し、最終的に胃が止まってドクターストップかかるまで大食いをした

 

等々、めちゃくちゃやった。

 

でも、プライドは捨て切れなかったなぁ

 

 2度目の大学時代

最後は、クリスチャンの大学でのこと。

 

全寮制で、隣の部屋に7個下の沖縄出身の1年生がいた。

 

そいつにいきなり名前を呼び捨てされた。

 

生意気だと思ったけど、気持ちよかった。

 

そして、そいつと友達になれた。

 

私は長い間、上下関係で相手を見ていた。

 

でも、そこの大学で対等な友達を初めて作れた。

 

そのことで、プライドが捨てられたと思う。

 

 

 結論

今では、

 

「以前の自分はプライドの塊りで…」

 

と話すと、相手から「嘘だ」と笑われる。

 

謙虚に映るくらいにはなれたみたいだ。

 

本当はまだプライドはあるけども。

 

僕は必死こいてプライドにしがみついていたけれど、捨てた方が楽だった。

 

多くの人は信頼できる友人がいて、そいつには素の自分を見せることができるのだろうけど、私にはそんな友人を作るのが遅かった。

 

だからこそ、こんなに遠回りしてしまった。

 

だから思うのです。

 

やっぱり友達は大事だわ。

 

 

 

ラブコメが苦手な人に読んでほしいラブコメ 僕の心のヤバいやつ

みなさんは「これはどう考えても脈ありだな」と恋愛で感じたことはありますか?

 

僕はあります。学生時代とくに感じていました。なんとなく自分のことを見てるなとか、妙に話しかけてくるなとかー

 

片思いや恋とも違うのですが、異性から何かを期待されいると思うと、淡い気持ちになりますよね。しかも相手のことを自分が好きだったとしたら(好きな子だったとしたら)、期待してしまわないほうが無理ってもんですよね。

ふと、こんな昔の思い出にひたれるような漫画に出会い、今週一気読みしてしまいました。終始ニヤニヤしてしまい、あやうく仕事に支障をきたすところでした笑

 

「僕の心のヤバいやつ」ってタイトルの漫画です!知っている人は知っているのじゃないかな。「次に来るマンガ大賞 2020」で大賞を取った作品です。普段ラブコメを読まない自分でもノーストレスで読めたので、ラブコメ慣れしてない人もぜひ読んで欲しい!

f:id:free_planet:20201122174509j:image

原作はいま流行りのWeb漫画ってやつなのですが、それもあってか1話1話が短くてとっても読みやすいです。そして何よりキャラクターがみんな可愛い!

 

ブコメっていうと、イケメンの主人公が美少女とくっつくみたいなイメージで牽制していた僕ですが、一緒にPodcastをやっている友人から勧めてもらって、ああこれは面白いなって色々納得しながら読んだ作品でした。

 

この漫画の魅力はたくさんあるのですが、うーん言語化するのはなかなかに難しいです。しかし読んで損はないので、気になった方は手にとってみるのをおすすめします😊

 

僕ヤバの試し読みができます

 

https://mangacross.jp/comics/yabai

 

ポッドキャストで僕ヤバについて語ったので、そちらもよければどうぞ

 

四次元マンション #13 『僕の心のヤバイやつ』を読み込む心の荒んだやつ|四次元マンション #note https://note.com/4d_department/n/n2fba16c6a000

お笑い芸人イマジン登場

先日のポッドキャストでは、お笑い芸人のイマジンが来てくれた。

f:id:free_planet:20201118223536j:image

イマジンのリョウマくん(写真の左側)は私の大学の後輩。

大学を出た後に、沖縄で一緒にお笑いやっていた勝利君と2年前に東京へ出てきた。

 

・イマジンとは?

沖縄の教会で高校生の時にコンビを結成し、上京のタイミングでプロとなり、イマジンと名前をつけた。

アマの時代は沖縄で100人以上を呼び込んでいた。

 

・現在の活動、コロナ禍はやっぱり厳しい

何の盾もなく、ノリで上京。

勝利「上京して2時間で売れると思った」

やっぱりお笑いは難しい。

月1,2回ライブでネタ見せをしている。

コロナ禍だけど、必死に足掻いてる。

 

・今年のM1の予選の様子

観客はいなく、100人とか入る客席に、審査員数人がバラバラに座って審査する。

審査員は放送作家など。

1日に60組ほどネタを審査しているそうだ。

 

YouTubeの活動について

脚本・構成・演技・カメラ全部自分たちでやることに面白みを感じている。

何が正解か分からないけど、YouTubeはテレビを超える時代が来るから、今やっていることは必ず生きる。

最近2週間は毎日投稿。

 

・3人目の男、マサイ登場

マサイはYouTubeでイマジンに参加している。

マサイはニートではなくアーティスト。

マサイが入ってからポッドキャストの空気が変わった。

マサイの夢は世界平和。

ピンでもトリオでも、形に囚われない。

 

正解はわからないけど、イマジンは自分たちが面白いと思ってることをつき詰めている。

 

⬇️ポッドキャストのリンクです

https://note.com/4d_department/n/n877d04d8e017

⬇️マサイ君大活躍のYouTube動画「ウーバーイーツVSまさイーツ」

https://youtu.be/sh7HAiH6Et0

 

「iPhone12って今が買いなの?」携帯ショップのマネージャーに聞いた

スマホの替え時って悩みますよね。

そして、新しく買うならどの機種がいいのか。

最近ではiPhone12が発売されたし、Androidもなかなかいい機種を出しているように見える。

あと、キャリアを乗り換えた方が得なのか。

考えることが多すぎます。

 

そこで、私のポッドキャスト「四次元マンション」に携帯ショップのマネージャーのてぃっしゅさんをお招きしていろいろ質問に答えていただきました。

 


 

 

 

 

 「最近発売された iPhone12について」

iPhone12はiPhone11からのマイナーアップデート。

チップの性能は良くなったが、システムの大々的な進化は見られなかった。

その中で、てぃっしゅさんが考える魅力はフォルム。最近のiPhoneは丸くなっていたが、iPhone13では、スティーブ・ジョブズがいた頃のような角ばったiPhoneが帰って来た。

あと、カラーバリエーションが5種類に増えたので、それらに魅力を感じている人は買うといいのではないか。

今回は買い替えずに、iPhone13を待っている人もすでにいるとのことだった。

ちなみに、てぃっしゅさんはiPhone12を買ったそうです。

 

スマホの替え時のベストなタイミングはいつ?」

結論から言うと、てぃっしゅさんはお客様が「替えたい」と思った時に替えてくださいという意見だった。

その理由は以下の2点。

 

今の契約は解除料が安い

以前は2年縛りの規制が厳しかった。

それによって、解除料もバカに高かった。

今は2年契約の解除料が1000円と安くなっている。

 

使っているスマホを返したり、下取りに出すことで機種代の残債が減少する

また、最近は機種代が15万円くらいに上がっていることで、2年分割ではなく4年分割となっている。(2年分割だと機種代だけで月々5000円の支払いとなってしまう)

下取りプログラムやお返しプログラムなどのサービスを使うと、2年使った時点で機種を返すことで残債を免除してくれるとのこと。

なので、2年サイクルがいまだに浸透している。

キャリアを乗り換えてもそれらのプログラムを適応できる。

 

 

「キャリアは乗り換えしたほうがいいのか、そのままがいいのか?」

今のキャリアのままが無難と言う結論。

 

それ以前はキャリア乗り換えで、10万円キャッシュバックなどのサービスが各社横行していた。

しかし、去年10月から総務省から指摘されたことにより、キャッシュバックの額が上限22,000円となった。

 

総務省の指摘前は、今まで使ってきたユーザーより新規ユーザーの方が優遇されていた。

それにより携帯こじきと呼ばれる人々が発生した。2年ごとにキャリアを変えて、しかも複数名義で行うことで、荒稼ぎしていた人たちがいたようです・・・

(2年ごとに、数台✖️家族5名義✖️10万円=💦)

なので、去年の10月に彼らの息の根が止められましたとさ。

もう金でお客を引っ張ることができなくなったので、各キャリアは既存ユーザーへのサービスを手厚くするようになったそうです。

 

 

「単身者へのおすすめのキャリアは?」

単身者には楽天モバイル、Y !mobile、UQ mobileがおすすめ。

 

大手キャリアはまとめるとお得(家族割、家の回線や電気代とセットなど)だが、単身者ならそれらの割引を満足に受けられない。

大手キャリアの回線の安心性にあまり拘らず、生活の一部で使うなら大手キャリアの1/3程度の値段で使える格安スマホキャリアがいいのではないか。

 

 

「今は楽天が熱い!?」

てぃっしゅさんは楽天の動きに熱視線を送っているようだ。

 

楽天のいいところ

・1年間無料プログラムというとてつもなく大きいプログラムが動いている。

 乗り換え後の基本料0円

 事務手数料も0円

 通話料1年間0円

 5G利用料も1年間0円

 

楽天の弱いところ

・後発なので通信エリヤに難あり

・機種が限られる(iPhoneを使いたいなら、自分で買ってe SIMを挿すことで使える)

 

 

楽天の5Gサービスが他キャリアより安い理由」

・アンテナの仮想化をしていることから、アンテナの取り付け費用が低い

・他のキャリアは電話回線とインターネット回線を分けているが、楽天IP電話に全寄せしたことで、インターネット回線だけで済んでいる。

自前の技術を利用することで、設備投資を安く済ませている。それでいて、それでも安全性高い

5Gの時代を引っ張るキャリアになっていく可能性も高い

 

 

「5Gって今話題だけど、何がすごいの?」

 

・4Gと比べて通信量が莫大。(4Gと比べて20倍以上の通信量を送れる。)

・それによって、テレワークでもラグがほとんどなく行える。

・読み込み速度が速くなったので、アップデートの手間がかからない。

・ダウンロードの時間がかからない。

➡️今は5Gの恩恵を感じる場面が少ないが、もう5Gの開発環境が整ったから、今後は5Gならではのアプリやシステムが開発されていくだろう。

 

 

  

「携帯ショップの儲ける仕組み」

当初は聞くのが嫌らしいかなと思っていたが、聞いてみるとてぃっしゅさんはノリノリで答えてくれました。

代理店はキャリアからと機種メーカーからバックを受けているそうです。

 

キャリアからのバック

代理店の評価によって代理店契約を結んでいるキャリアから支払われる奨励金の額が異なる。

評価は、S,A,B,C,D分かれていて、S,Aだったら奨励金は弾むが、Dが二回続くと代理店契約が打ち切られてしまう。

さらに、店が黒字でも、キャリアが求めるノルマ(「このオプションを幾つ売らないといけない」など)を達成しないと評価は下げられる。

店長はマルチプレーヤーで、様々な数字を見なくてはいけない。

 

 

メーカーからのバック 

Apple以外のメーカーは「売ってください」というスタンス。ちなみに、Appleは「売りたいんでしょ」というスタンス。

Apple以外のメーカーは売れた台数ごとに代理店へバックが入る。

特にバックが大きいのがサムスンTOSHIBAだそうだ。

 

店長の離職率は30〜50%と高い。

代理店は全国に数百点あり、代わりはいくらでもいるというプレッシャーと闘っている。

 過酷な仕事に感じるが、数字を着実に積み重ねているてぃっしゅさんはやりがいを感じているそうだ。

「お客様が勝手に集まってくる携帯ショップの営業は、お客様にこちらからアポ取って会いにいく営業よりも楽」とポジティブに話していた。

ちなみに、マネージャーであるてぃっしゅさんの給料は月30〜40万だそうだ。

 

今回収録したポッドキャストのリンク

てぃっしゅさんは営業歴8年ということで、とっても聴きやすい声で解説してくれました!

 

https://note.com/4d_department/n/n5e3efdf60f8d?fbclid=IwAR2Wl2fBlgsNvorZZJ5x7Vw2juR-urN5BNg3K0vMsN2LbTNNpkX2HKBxtj0